戦闘その7

妊婦と旅行。

 

気が付けば1ヶ月以上更新があいてしまいました。

先日、最後の旅行に出かけてまいりました(`-´)ゞ

行先は仙台。2泊3日。

なんで仙台かって…

最後の旅行の目的も野球にしたからです。

交流戦で、普段行かない球場に赴けるということで初のコボスタ宮城へ行ってまいりました。

計画は何か月も前から立てていて、8ヶ月入る直前に動ける状態かどうか不安を感じながらも

JRダイナミックレールパックで新幹線+ホテルを予約。

新幹線は、座席をめいいっぱい倒しても気にならない一番後ろを選択。

念のため、パック予約時に妊娠中であることを告げておく。

直前の健診で先生に旅行に行く旨を伝え、了承を得る。

6月だったので梅雨が心配でしたが無事に梅雨入り直前!むしろ暑かったです。

スケジュールはゆるく、動き回れないだろうと予測して3日間決まった予定は野球観戦のみ。

私はもちろんのこと、旦那もせっかくの旅行だから朝から晩まで楽しみたいと

色々密にスケジュールを組んで観光を楽しむというタイプではないので助かりました。

いや~コボスタよかったです。

TV中継で見ている時はこのスタジアム、楽○ショッピングのサイトよろしく広告が過密で汚らしいなと思っていたのですが…

現地だとよかった!!!!!

よく古い球場をこんなにエンターテイメント性溢れるボールパークにしたなあとしきりに感動してました。観覧車も乗ったよ。

そして、赤ちゃんが多い!小さい子が多い!こども用の遊び場もあるし、3世代でボールパークを楽しんでいる構図が完成されていました。

水分補給&日焼けに気を使って楽しく応援してきました~!

おいしかった球場グルメは。。。マグロ!!!!爆

球場でマグロ食べられるなんて。しかも本当に美味しかった。

その他球場外でも仙台グルメとしてお寿司、牛タン(野球選手のサインがたくさんのお店に!)等々楽しめて、よい旅になりました。

この時は、たくさん歩こう!歩くのがよし!体重管理にもなるし!と思って

3日間歩き回りました。球場からホテルまで歩いたりね。(小一時間ほど)

このあとこの日々を反省することになろうとは…

戦闘その6

妊婦と旦那の関係性。

 

妊娠すると旦那が嫌いになる・こどもが産まれると旦那が嫌いになるってよく聞きますよね。

クサいとか汚いとか鬱陶しいとか生理的に受け付けないとか…

 

それが本当に自分にも訪れるのか不明です。

少なくとも妊娠生活も早いもので7か月ですが、今のところそんな気配はありません。

むしろ母性はマルセロより旦那に向かっています。

寝ているところに声をかけるとうーんと言って身じろぐところとかきゅーんとなるくらい可愛いし、

まるで赤ちゃんのようなもちもちのお腹を触るだけで癒されますし(世間的には中年腹ってやつなのでしょうが)

なんでもお世話してあげたいと思ってしまうんです。

声をかけるときは、「どちたの?」と言ってしまうんです。

毎日ぎゅっとして「だいすきよ」とよしよししてしまうんです(((・_・)))ゾゾッ

これは完全にこどもに向けるべき母性ですよね。

産まれたらそちらに母性を注ぐ(?)ので旦那には向かなくなるのかな。

そんなこと無さそうだけどどうなのかな。

みんな本当は旦那を赤ちゃんのようにかわいがってるけど外では貶しているだけなのかしら。

戦闘その5

妊婦と大衆居酒屋。

 

本題に入る前に前回の続きになってしまいますが、

東京ドームの内野席は座面&背面にクッションがついていてふわふわなので腰&おしりが痛くなりませんでした。

でもファールボールが2回も至近距離にぶっとんできて危険を感じた…

試合は負けました

 

では本題です!

妊娠前は無類の酒好きだった自分。大衆居酒屋大好き、

小汚い立ち飲み屋を日が変わるまでハシゴ酒しまくる、そんなオヤジOLでした。

GW中に用事があって主人と出かけたのですが、夜ご飯に焼き鳥を食べに行こう!と提案がありました。

その街には有名な焼き鳥やさんがありまして。

安くて美味しくていかにも酔っ払いむけなお店です。2件目、3件目に行く人も多い感じの。

私も以前は好んでハシゴ酒時に立ち寄っていました。

 

ところが…

このお店は立ち飲みではなく座れるのですが、

パイプ椅子に簡易なテーブル、コンクリートの床、近すぎる周りとの座席距離、そこかしこでたちのぼるタバコの煙、

決してきれいとは言えない店内、あわただしく行きかう外国人店員、

ちゃんと洗っているか不安なアルミ皿、何とも排他的な雰囲気…

入店した途端、「早く帰りたい…」と思ったのです。

もちろん、焼き鳥はおいしかったです。

でもこういうお店に拒否反応が出た自分にビックリでした。

妊娠して保守的になっているのかな。

それとも…いつも酔っぱらっていたから周りが見えていなかっただけ!?笑

 

まるせろは今日も元気にお腹の中で暴れまわっています。

気になって眠れない程キックだかパンチだかを繰り出してくる。

 

戦闘その4

妊婦と野球観戦。

 

突然ですが趣味は野球観戦です。

TV(スカパー!プロ野球セット加入)で見るのも現地で見るのもすきです。

贔屓のチームは遠方にあるので、ホームゲームは言わずもがなTVですが、

こちらに来た時には時たま見に行きます。

去年、一昨年は年間20試合くらいかな?

 

で、今年は絶賛悪阻もあり予定が立たず、現地には赴いていなかったのですが

先週、メモリアルな試合がこちらの球場で合ったので今シーズン初現地観戦に行きました!

 

結論:神宮球場は内野のいい席でも椅子が固くてケツが痛いし、

座席幅も広くないので色々と辛かった。

 

あっ。贔屓球団名をボカしたけど、野球好きの人にはどこのチーム贔屓か分かってしまいましたね。

とにかくさ、普段仕事しててもケツが痛いわけですよ。(デスクワーク)

仕事中、無意味に発作的に立ち上がってしまうレベル。

それなのにあの固い椅子に座れるかってえ!

あと腰が痛くて…クネクネしたい。色々体制かえたい。けど座席幅が広くないので

クネついていると隣に迷惑かかります。

4人連れだったので途中から4人の中で端っこの席にしてもらい、幸運なことに隣の席が空席だったので2席使ってクネりました。

また今週観戦に行く予定なので、折り畳みのクッション持っていこう。(懲りないな)

 

そして私は無類の酒のみで飲んだくれまくりの糞野郎で

妊娠してお酒が飲めなくなったらどうなるのか自分でも恐ろしかったんですが、

不思議なことにパタリと飲みたいと思わなくなり。興味関心が無くなるって言うのかな?

嫌いになった!とかじゃなくマジで何も思わなくなりました。

だけどもだっけっど!神宮球場の風を受けたら「あっ。ビール飲みたい」って思いました。

コーラ飲んだら落ち着きましたが妊娠して初めての感情でした。

 

7か月後半まで野球見に行くスケジュール立ててしまっているので、

周りに迷惑のかからないように楽しんでいきたいです。

今年優勝したらどうしよう…

そんなメモリアルな年にこどもが産まれたら…

戦闘その3

悪阻が若干ぶり返しているのかここ数日頭痛に加えて吐き気&げっぷが復活している。

 

それはそうと昨日ものすごい下痢をした。

万年便秘&下痢の黄金ローテを繰り返している私でもえっまじかって思うくらい出た。

元々便秘が酷かったので、酸化マグネシウムをせこせこと飲んで、週に1、2回うさぎちゃんのようなンコを出していたんだけれど…。

 

酸化マグネシウムと一緒に、アローゼンという下剤も処方された。

妊婦にはよく処方される下剤みたいだけど、薬剤師さんに「これは万が一本当に駄目な時用ね」と言われた。

万年便秘の私にはそれがいつか判断が難しい。

2週間まったく何も出なかったときに、1度夜、朝と2連続で飲んだらその日の夕方にものっそいモリモリでて感動したものだけど、

それ以来日の目を浴びていないかったんだけど、

こんな下痢するなら飲んでよかったのかな。

 

そうそう、言いたかったのはそっちじゃなくて。

めちゃくちゃンコしてから、まるせろの胎動をすごく感じた。

今まではお腹の中、内部的に感じるっていうレベルで、

自分でも外から手の平では感じることができなかったんだけど、

昨晩ベッドに横になってお腹に手をあてたら、めちゃくちゃポコポコしてた。

旦那にも触らせようと思ったけどゲームの前でチンパンジーと化しているところだったので辞めた。

 

今まで大量のンコで狭かったのかな。。。

あとは立ち上がったタイミングでお腹の中でグルンって回るような、下に降りていくような、

そんな感覚があります。

戦闘その2

病院に行ってまるせろがいることが確定した。

多分8週目頃までは特に自覚症状無で、

食欲が結構あったので食べ悪阻ってやつかなあ~。なんて呑気に考えてた。

 

その後怒涛の悪阻生活が始まった。

朝から晩までゲーゲーで胃液だけに飽き足らず胆汁まで出てきた。

1ヶ月で7キロ程痩せた。血も吐いた。

横になっても座っても辛く、無限にでる謎のこみあげてくるすごい音のでる空ゲップに苦しんだ。(油断すると胃液や胆汁が一緒に出てくる)

会社もちょくちょく休んでしまった。

出社しても半分を便器にしがみついて過ごした。

この時はほぼ何も食べられなかったが病んでいて、

今思うと笑えるがYoutubeで大食いの動画を見たりした。

食べられないのに何故…

因みに最近になってまた見てみたら普通に吐き気しました。

 

怒涛の悪阻生活は5ヶ月ちょいまで続いた。

周りに「●週までがピークっていうからね」「今が一番つらい時だよね」

そう言われて、あまりの辛さにそれに縋って、あと少しかあ~。そう思っては、翌週もっと辛くて、

一体いつまで続くんだ、いつがピークなんだ、どんどん酷くなってるじゃないかと落ち込んだ。

 

妊娠する前は、悪阻って妊婦にとっては幸福感のある辛さだと思っていた。

辛いけど頑張れるみたいな。

望んで妊娠しているのだから、こどもできないひともいる中で、ぜいたくでしあわせなつらさだ、と。

だけど。何か月もゲロまみれ生活を送ると精神がやられてそんなこと微塵も思えなかった。

終わらない悪阻はないよと励まされても、もはや励みにならなかった。

なんで泣いているか分からないけど涙が出てシクシクしてた。

今思えばホルモンバランスがくるってたんですね。

 

6ヶ月に入った今は、

たまにうっかり吐くくらいに落ち着いたけど、

四六時中の頭痛に悩まされている。

妊娠中の頭痛って高血圧とかやばいんじゃと思ったけど、

健診でも血圧は正常で、頭痛も悪阻の一種だとのこと。

えー。カタチを変えてまだ悪阻が続くのか…

妊娠中でも服用できるカロナール(鎮痛剤)を神とあがめて生きています。

寝るときは冷えピタ貼らないと眠れない。

プラス、リラックスするために「蒸気でホットアイマスク」をしているので

おでこと目の寒暖差がハンパない。

戦闘その1

まるせろとは…所謂胎児ネーム。

1/2にまるせろがこの世界に舞い降りたことが判明。

ちなみにこの時書いた手紙を紛失された。悲しい。